ガジェット大好きジャンカー通信

ガジェットの事など色々綴っていくブログです。

新しいスマホが届いた![Xiaomi 11T PRO]

おはようございます。

 

昨日のこと、個人的に待ちに待ったスマホ

[Xiaomi 11T PRO 256GB]が届きました。

 


f:id:silvia3270:20220124002613j:image

 

2年ぶりのAndroid搭載機です。

今日1日使ってみてやっぱり自分に合うのはAndroidスマホだと確信しました。

 

(これはあくまでも個人的な感想であってiPhoneがダメとは言っていません。ちょっと癖があるけど使いやすかったですっ!)

 

1.私がAndroidに戻った理由

 

  1. マナーモード時アプリの音が鳴らない
  2. Windowsとの相性が微妙
  3. Lightningケーブル

ざっと思いつくのはこんな感じかな。

 

(1.)マナーモードの時だって、ゲームするとき音出すわけで一々マナーモード解除するのはだるい。

(切替スイッチがあるからマシではあるが)

 

(2.)写真などをバックアップしたくてWindowsに繋げても少ししか写真が出てこない上、すぐに接続が切れる。

これは相性問題なのかな?

これが1番ムカつくところ。

 

(3.)Lightningケーブルウザイ問題

通信速度は遅いわ、値段が高いわ、耐久性低いわでいいとこなくね?と思いました。

 

これらがなければiPhoneは中々良かった。

常にサクサク動くしな!

 

2.iOSAndroidアプリ移行はダルい

これはOSが異なるから仕方がないことではあるんだけども

 

「移行作業がとっても面倒だった。」

 

もしかしたら、何かいい方法あったかもしれないけど私は思いつきませんでした。

結局隣にiPhone置いた状態で一つ一つアプリを入れては、ログインするの繰り返し。

 

アプリ入れるだけで3時間掛かった…。

アドレス帳とかはGoogleドライブ経由ですぐに入ったけど。

 

アプリはクソだるかったです。ハイ。

 

3.開封の儀

前置きが長くなったけど、とりあえずワクワクの開封の儀のシーンを軽くまとめます。


f:id:silvia3270:20220124003412j:image

外箱はとてもシンプル。

余計なものは何も描かれていない。


f:id:silvia3270:20220124003631j:image

フタを開けると、最初に出てくるのはSIMピンと説明書類そしてTPU素材のケース。

 

中華製品あるあるらしいけど、最初からケース付属してるの地味にありがたい。

 


f:id:silvia3270:20220124003811j:image

 

  • スマホ本体
  • TPUケース
  • 説明書類
  • SIMピン
  • 120W充電器
  • USB-A to USB-Cケーブル

 

内容物はこれで全てです。

 

このスマホの色いいよね!!

めっちゃ鮮やかでいい色です。

 

と、ここで気になる点が2点ほど


f:id:silvia3270:20220124004206j:image

(1.)SIMピンが細すぎて折れそうww

左がiPhone11付属の物で、右側11T PRO付属の物。

 

物凄く細いです。

 

SIMカードスロットって意外と力強く押し込まないと出てこないので、折れないか心配でした。

(一応折れなかった。)

 


f:id:silvia3270:20220124004408j:image

(2.)120W充電器でけぇ…。

と言いたかったのだが、今まで使っていたエレコムの30W USB-PD充電器とそこまで大きさ変わらなかった。

 

これがもし、auのしょっぼい充電器使ってたらバカでかく感じたかもねwww

 

4.120W充電はアホみたいに早かったww

このスマホの魅力の1つが120Wの超爆速充電です。

 

5000mAhとスマホの中ではトップクラスにデカいバッテリーを搭載しているこのスマホ

 

初めて電源入れた時は約70%ほど充電されていました。 

その状態から移行作業を続けていたので、気がついたら20%ほどになっていました。

 

ここから120Wの力を見せて貰おうではないか!


f:id:silvia3270:20220124004957j:image

充電器にさしてから、5分程トイレ休憩。

トイレから戻ってスマホを見るとなんと50%まで回復😆

なんちゅう早さだ…ww

 

満タンに近づくにつれて、出力は下げているようではありますが15分ほどで100%になりました。

 

今まで何台もスマホ使ってきたけど、こんなに早いやつは初めてです。

 

ただバッテリーの劣化が怖いので、寝る時はau純正のゴツイ急速充電器を使うこととします。

 

5.1億画素の実力

昨日の福岡県は雨☔でした。

なので、カメラ性能を試すには向かない天気ではありますが(室内で)ちょこっとだけ使ってみました。


f:id:silvia3270:20220124005652j:image

ちょっと余計なものが写ってたので、雑にモザイク掛けましたがこんな感じ。

[ISOオート/露出-0.7]


f:id:silvia3270:20220124005836j:image

ちなみにこっちは、一眼レフ(EOSKISS X9)で撮影したもの。

 


f:id:silvia3270:20220124005930j:image

これは、長時間露光で撮った写真

[ISO100/30S/100MP]


f:id:silvia3270:20220124010117j:image

ちょっと角度違うけど、こっちが一眼レフの写真。

[ISO100/30S/24MP]

 

見比べてみると、中々クオリティ高いと思います。

あと11T PROの方は彩度高めですね!

 

いわゆる「映える」写真撮るならうってつけかもしれません。

 

6.120Hz及びゲームモード

このスマホはモニターのリフレッシュレートを2種類から選べます。


f:id:silvia3270:20220124010546j:image

 

標準設定では、60Hzになっていて

120Hzも選ぶことができます。

 

私は初めて高リフレッシュレートを扱いました

(自宅のPC達はすべて60Hzなので)が、ここまで変わるのか!と思いました。

 

FPSゲームはやらないので、ゲームではあまり体感できないですがブラウジングのスクロールするだけで全然違いますね。

 ヌルヌル動いてくれます。

 

そしてゲームモードですが…


f:id:silvia3270:20220124010926j:image


f:id:silvia3270:20220124010939j:image

ゲーム毎に設定を変えることができます。

私は基本音ゲーしかしないので、あれですが感動を弄ったら若干違和感を覚えるくらい変わります。

FPSする人なら分かりやすいのかもね!

 


f:id:silvia3270:20220124011115j:image

あとはゲーム中左上をスライドすると、こんな画面が表示されなんか色々弄れます。


f:id:silvia3270:20220124011318j:image


f:id:silvia3270:20220124011345j:image

このデレステでは、明るさ及び彩度を高めに調整しているのでMV再生したときはかなり鮮やかです。

 

最後にまとめ

 

Xiaomi 11T PROを1日使ってみての感想は、

 

「最高!!」

 

この一言につきます。

 

7万ちょっとの値段でここまでいいものを作ってくれるとかさすがXiaomiって感じ。

 

まだ使っていない機能とかたくさんあるので、これからじっくり弄っていこうと思います。

 

気になったら是非買ってみて!

と言いたくなるくらい良いスマホでした。

 

それではっ!